(47): ベジタリアン&ビーガン食レストラン @ LIVING KITCHEN
5月02

(47): ベジタリアン&ビーガン食レストラン @ LIVING KITCHEN

どうもどうも、ごぶさたです。 今年の春も、ノースカロライナらしかったですね。 桜が満開になったと思ったら雪が降り、 夏のような陽気になったかと思ったらまた氷点下、 はたまた大雨で洪水警報が出たり…と。 ようやくここ数日で気温が落ち着きつつあるかな?という感じ。 ノースカロライナ特有、灼熱の暑い夏が苦手なので、夏到来前の今が過ごしやすくてちょうど良いかも?ですね。 さて、トライアングルエリアのB級グルメ探検をテーマにスタートしたこのコラムですが、今日はちょっと洗練された感じのレストランへ行ってみましょうか。 シャーロットを始め、ラーレー、チャペルヒルに店舗を展開しているベジタリアン&ビーガン食レストラン「LIVING KITCHEN 」。 お店で提供する料理、デザートの食材はすべてオーガニック、また、動物性食材は一切不使用とのこと。 卵や乳製品も口にしない完全菜食主義者(ビーガン)も、安心して食事ができるというお店なんですね。    ...

Read More
(41): 歓喜 カンキ アメリカンなお寿司
10月01

(41): 歓喜 カンキ アメリカンなお寿司

KANKI Japanese Restaurant ダーラム店は、I-40を#270で降りてすぐ。 ご存知でした?オープンがなんと1972年! 今回は、開店から45年を迎えた有名店、歓喜さんへ。     重い木の扉を開くと、アメリカ人が大好きな鉄板焼き”Hibachi”のセクションが左側へ広がります。 お寿司が目当ての富士子ちゃん御一行は右側へ。 熱帯魚が優雅に泳ぐ水槽の先に、寿司バーがあります。 どのお店に行っても握りばかり頼んでしまう癖があるのですが、今回は趣向を変え、思い切ってアメリカンなお寿司にトライ! 郷に入っては何とやら、ね。 その人気ナンバーワンが、こちら。 じゃじゃーん!     「はい、レインボーロールです」 もー、びっくり。綺麗ですよね! しかも薄めに切ってあるので、見た目より食べやすい。...

Read More
(22): Basan バサン
2月09

(22): Basan バサン

ここ近年、急速に開発が進んでいるダーラム。以前とはすっかり雰囲気が変わり、夜でも気軽に行けるエリアが拡がりつつありますね。 その一つ、ダーラムブルズ・スタジアム周辺。 ここにはオフィスやレストランが入っているアメリカン・タバコキャンパスが隣接している事もあり、昼夜共に賑わいを見せています。 レストラン「バサン」があるのもその界隈。 ここは安心してお寿司を食べられるのでお勧め♪ きちんとした日本人シェフが2人もいらして(高ポイント!!)、特別なルートで仕入れる日本直送の新鮮な魚を使い、美味しいお寿司を握ってくれますよ~。 ではでは、2016年の最初の記事は、大好きなお寿司の写真で飾りましょーう(^-^) ご覧あーれ。     写真でもお分かりかと思いますが、丁寧に握られているなぁ(^-^)というお寿司。...

Read More
(12): M Sushi
2月03

(12): M Sushi

ダーラムのダウンタウンになにやら、怪しげなサインがあるな、と思っていたら、それは、新しくできた「スシレストラン」のサインだった。 日本びいきの友人が 「ヒトコ、また新しいスシ屋がダーラムにできたの知ってる? この間行ってみたけど、君がよく作る茶色いスシ(稲荷スシ)もあったよ!」 と教えてくれた。 (稲荷スシがメニューにあるすし屋は、ちょっと怪しいな!ファストフードっぽい感じがしないでもない…) ダーラムのダウンタウンは開発が進んでいるのであちらこちらに工事中のビルが建ち並ぶが、この「Mスシ」というのも工事中の建物の近くのようでややわかりずらい。 それで、ご丁寧にもサインがあるのだろう。 が、聞いてみるとこのレストランは、ラリーにある「Sono」というスシレストランのオーナーの2号店としてダーラムに出来たのだそうだ。 オーナーはかなり若めの中国系アメリカ人らしい。 「Mスシ」のロゴは、「M」の部分が富士山を思わせる感じでもあるし、もしかして「マウントフジ(Mt....

Read More