(5): アメリカ生活、充実の秘訣
11月20

(5): アメリカ生活、充実の秘訣

  私のアメリカ生活を充実させている事の中の2つを紹介します。 時間がある時はステートパークへ出掛け、しばしトレイルを楽しみます。トレイルと言っても、平らな森の中を歩くのもあれば 山の頂上を目指すものもありますが、私は数時間歩いた後に高い場所から見える眺めの良い景色が好きなので、大概は山のあるステートパークに行きます。 ノースカロライナ州にも沢山のステートパークがありますが、私は大抵自宅から 1時間から2時間圏内で行ける場所にリピーターとして山登りに行きます。 山と言ってもステートパークなので、散歩に来ている程度の軽装の人がとても多く、私もその1人で軽装で登っています。     昨日は、Elkinから北西へ30分程の所にあるStone Mountain State Parkに行ってきました。...

Read More
(30): オバマ大統領の広島訪問に思う
6月25

(30): オバマ大統領の広島訪問に思う

  伊勢志摩サミットの全日程を終えたオバマ大統領は5月27日現職のアメリカ大統領として初めて被爆地広島を訪問し、広島市の平和記念公園で原爆死没者慰霊碑への献花や、原爆資料館の視察、そして被爆者代表の3名の方々に会った訳ですが、この一連の流れと云うか実況をテレビで見ていた私は大きな感動を受けました。 私がアメリカに来て40数年が経ちアメリカの政治に触れ、自分が置かれている色々な状況を考えるにつけ私は共和党支持者となりました。この8年間のオバマ政権に対して可成り批判的な思いを抱いていた私は今回オバマ大統領が若しかしたら伊勢志摩サミットに参加した折に広島を訪問するかも知れないと云うニュースを聞いて是非それが実現する事を願ったのです。...

Read More
(29): ジョン万次郎
5月13

(29): ジョン万次郎

皆さんはジョン万次郎については中学の社会科の授業で学ばれた事と思いますが、「今から170年程前、現在の高知県土佐清水市に住む14歳の貧しい漁師の子供が出漁中に嵐に遭い遭難し無人島に流され、そこで143日間に亘り生死の境を彷徨い乍ら奇跡的にアメリカの捕鯨船に救助され、ホイットフィールド船長に気に入られそのままアメリカに渡った最初の日本人」と云うのが大凡のことだと思います。 私がマサチューセッツ州ボストンの南に在るフェアヘイブンと云う港町を初めて訪れたのは約10年程前でした。其処には聖路加病院の日野原先生が率先して日本で多額の寄付を集めて下さったお陰で立派なホイットフィールドージョン万次郎記念館が設立され、街の彼方此方には若き万次郎が通った学校や教会、街の施設や嘗ての隣人達の家が在り、ここで若い万次郎が暮らし、学び、青春時代を過ごした所だと知って感慨深いものがありました。...

Read More