大畑楽歩(おおはたらぶ)

生後間のない窒息による心拍停止に陥り、脳性まひとなる。

小中、6年間に渡り義務教育を休学し、ペンシルバニア州フィラデルフィアに本部のあるドーマン法というリハビリに取り組む。当時、各メディアで「奇跡の少女!驚異の回復」などと、大々的に取り上げられる。しかし正真正銘1種1級の身体障害者にかわりはない。

「楽歩」と書いて「らぶ」と読ませる、かなりユニークな名前の持ち主。ペンネームかと思われがちですが、これは1978年生まれの私の本名です。

たとえ軽やかに楽しく歩いていても、相当インパクトがある名前だというのに、名前とは裏腹に、脳性まひのため、ちっとも楽チンには歩けず、名前負けし続けて早37年。

人々の記憶に残るインパクト性も去ることながら「楽歩は、楽歩の他に楽歩しかいない」という妙な愛着も加わり、決して平坦ではなかった自らの人生を楽しく歩いてきた、私のプライドを象徴する名前でもあります。

数奇な運命に翻弄されながらも、明るい光に吸い寄せられ、気がつけば最愛の伴侶にも恵まれ、2000年に結婚。翌年、息子を出産。主人に息子、お片付け、ドラムにB’z♪…をこよなく愛し、LOVEパワーは常に全開!!

なかなかのハンディを抱えながらも、一家の主婦として切り盛りする中で「整理収納力には、身体的ハンディを埋めるパワーがある」と実感。

2011年ハウスキーピング協会認定資格「整理収納アドバイザー」を取得し、脳性まひのアドバイザーだから見える視点を武器に、主婦の方から障害者や高齢者の方々まで、幅広い「お片づけ」の相談や、人生の楽しさをお届けするため日々奮闘中!!

現在は、カウンセラーの資格取得に向けて心理学も勉強中です♪

著書に「三重苦楽 脳性まひで、妻で母」がある。

Amazonでお買い求めいただけます)
(電子書籍版はこちら→ここをクリック!

オフシャルホームページ
ブログ「楽歩’s ワールド

このサイトでは、毎月の連載として「日本からの便り」の枠で「楽歩のラブラブNC滞在記」を書いてもらっています。