(47): ベジタリアン&ビーガン食レストラン @ LIVING KITCHEN

ncv_essaysどうもどうも、ごぶさたです。

今年の春も、ノースカロライナらしかったですね。

桜が満開になったと思ったら雪が降り、
夏のような陽気になったかと思ったらまた氷点下、
はたまた大雨で洪水警報が出たり…と。

ようやくここ数日で気温が落ち着きつつあるかな?という感じ。

ノースカロライナ特有、灼熱の暑い夏が苦手なので、夏到来前の今が過ごしやすくてちょうど良いかも?ですね。

さて、トライアングルエリアのB級グルメ探検をテーマにスタートしたこのコラムですが、今日はちょっと洗練された感じのレストランへ行ってみましょうか。

シャーロットを始め、ラーレー、チャペルヒルに店舗を展開しているベジタリアン&ビーガン食レストラン「LIVING KITCHEN 」。

お店で提供する料理、デザートの食材はすべてオーガニック、また、動物性食材は一切不使用とのこと。

卵や乳製品も口にしない完全菜食主義者(ビーガン)も、安心して食事ができるというお店なんですね。

 

(c) Fujiko

こちらはチャペルヒル店。Whole Foodsのすぐ側にできたコンドの一階。天井が高くて日光が降り注ぐ明るい店内。 (c) Fujiko

 

ちなみに、炭水化物の使用も極力抑えているのが特徴で。

例えば、

お米を使う料理には、砕いたカリフラワーやサツマイモ、キヌア、チアシードを代用したり、

サンドイッチのパンの部分には、グルテンフリーのサワードウや、カラードグリーンの葉っぱ(!)、

ピザの生地は蕎麦粉etc、

タイ風焼きそばのパッタイの麺は、ズッキーニとサツマイモをくるくる細長く麺状にしたもの、

などなど。

デザートやラテも、勿論卵や牛乳を使わず、ヘンプミルク、ココナツミルク、アーモンドミルク、カシューナッツクリームなどで代用する徹底ぶり。

軽めのランチということで、富士子ちゃんは気になるお寿司を注文。

 

(c) Fujiko

オレンジ色サツマイモをおそらくフードプロセッサーにかけたものがお米代わり。生なので、ぼそぼそした食感。具はアボカド、赤ピーマン、きゅうり、ルッコラの葉。甘いソースが付いてきます。ちなみにお値段$9.5。 (c) Fujiko

 

食後は、抹茶ラテとタートルケーキ。

 

(c) Fujiko

ほっと一息。。抹茶風味の優しいお味です。 (c) Fujiko

(c) Fujiko

これ全部、植物性の材料で出来ているというのが面白いな。しっとりとして甘すぎず、ペースト状になったナッツとチョコレートの風味が味わえて美味しい。こちらも$9.5。 (c) Fujiko

 

ということで、ランチに上記の3品でチップを入れ、お代は軽く30ドル以上しました。ちょっと高いね。

まぁ、コンセプトがはっきりしていて良い食材を使っているから、このお値段でも妥当なのかな?

意識高い系のチャペルヒリアンには受けているようで、いつ通りがかっても割とお客さんが入ってます。

総評: ザ・トライアングルエリアだからこそ経営が成り立つレストラン。

健康志向、ビーガン食に興味がある方はぜひ。

LIVING KITCHEN

201 South Elliott Rd
Chapel Hill NC 27514

555 Fayetteville St
Raleigh NC 27601

2000 South Blvd
Charlotte NC 28203

4521 Sharon Rd
Charlotte NC 28211

Author: ダンケと富士子

About the Author: NCの石田純一ことダンケと、オヤジギャル富士子。トライアングル地区に限らず、色んなお店を突撃します。

Share This Post On
468 ad