(46): 乾杯! チアワイン

ncv_essaysあっという間に年の瀬、そして大晦日。

サンクスギビングを迎えてからは何かと慌ただしくなるのが常で、気がつけばクリスマスも過ぎ、ニューイヤーは目前に。

富士子ちゃんも、お仕事にバケーションに年末の大掃除に…と、とっても忙しい毎日!なのですが…

2017年といえば、やはり最後にこの記事を出さずにはいられない。

皆さんはご存知ですか?

その名も、

チアワイン。

かなりマイナーな、アメリカはノースカロライナ発のソーダの名前です^^

ちなみに、ワインとは言ってもれっきとしたソフトドリンク&ソーダですので、アルコールは全く含まれていません。

ワイルドチェリー味で炭酸きつめ、この不思議なお味が愛されて、なんと今年で100周年!

 

(c) Fujiko

おめでとう、チアワイン100周年! ちなみにずっと家族経営 (c) Fujiko

 

ソーダは滅多に飲まない富士子ちゃんですが、田舎町のカフェでぷらっとランチする時なんかは、何となくチアワインを頼んじゃう。観光客気分でね^^

 

(c) Fujiko

富士子ちゃんのオーダーしたハンバーガーは、ノースカロライナならではのご当地名物コールスロー入りバーガー (c) Fujiko

 

(c) Fujiko

ペプシも実はノースカロライナ発祥。こちらは結構有名なトリビアかな? (c) Fujiko

 

ノースカロライナは良いところ。

ラーレー、ダーラム、チャペルヒルのトライアングル地区は、ある意味ガラパゴス化してるんじゃないかな?と思ったり。

トライアングル地区といえば、米国南部に位置するノースカロライナ州にありながら、国際色豊かで、外国人にも、ある程度不自由のない便利な町々。もちろん富士子ちゃんもその恩恵を享受している一人ではあるけれど。

そんなノースカロライナ州の面白いところは、トライアングル地区からちょっとだけ車を走らせれば、時間が止まったような…というか、タイムスリップしたような昔ながらの変わらぬ田舎町が点在しているところ。

日本だったら、昭和のまま時間が止まった様な町や村。そんな感じ。

人もとっても優しい。

優しくされるから、他の人にも優しくしたくなる。

そういう正の連鎖がある地域なんだろうなぁ…と実感できた年の瀬でした。

さて、今年も拙文をお読みいただきありがとうございました!

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆さまも良いお正月をお迎えください^^

Author: ダンケと富士子

About the Author: NCの石田純一ことダンケと、オヤジギャル富士子。トライアングル地区に限らず、色んなお店を突撃します。

Share This Post On
468 ad