(5): アメリカ生活、充実の秘訣

 

ncv_essays私のアメリカ生活を充実させている事の中の2つを紹介します。

時間がある時はステートパークへ出掛け、しばしトレイルを楽しみます。トレイルと言っても、平らな森の中を歩くのもあれば 山の頂上を目指すものもありますが、私は数時間歩いた後に高い場所から見える眺めの良い景色が好きなので、大概は山のあるステートパークに行きます。

ノースカロライナ州にも沢山のステートパークがありますが、私は大抵自宅から 1時間から2時間圏内で行ける場所にリピーターとして山登りに行きます。

山と言ってもステートパークなので、散歩に来ている程度の軽装の人がとても多く、私もその1人で軽装で登っています。

 

(c) Akinori Ogata

(c) Akinori Ogata

 

昨日は、Elkinから北西へ30分程の所にあるStone Mountain State Parkに行ってきました。

悪天候続きで木が沢山倒れ、山の上に行くトレイルが閉鎖されていた為、今回は周りを2時間程歩くのみとなりましたが、静かな森の中を歩けただけでも、とても良い気持ちになるものです。

 

(c) Akinori Ogata

(c) Akinori Ogata

 

ステートパークを出た後は近場のブルワリーを探して行く事も多いですが、もうひとつ楽しんでいる事は、田舎町などの道端にポツンとある、地元住人に親しまれている小さな小さなローカルレストランに寄る事です。

 

(c) Akinori Ogata

(c) Akinori Ogata

 

どんな小さなローカルレストランでも、最近はインターネットで写真の1枚2枚は見れるので、一応下調べしてから入店。

地元住民に親しまれて長年経営しているレストランには、まずハズレは無いです。私の舌はサザンレシピを好み、高級レストランの味を知らないからなのかもしれませんが…

今回注文したのは、入店前にYelpで見て決めていた”Dawg Bowl”

 

(c) Akinori Ogata

(c) Akinori Ogata

 

コールスローの上に、チリ、ソーセージ、マスタードとダイス・オニオンがのっていて、とても美味しいです。

こういう旅をしていて思うのは、アメリカ国内ですら自分の一生涯をかけても訪れる事が出来るのは、ほんの一部だな、ということ。

そう思うと、旅は深いです。

Author: 尾形 明紀

北米最高峰のモーターレースシリーズ、NASCAR(ナスカー)に参戦する唯一の日本人ドライバー。在米7年目。不屈の精神でレースに立ち向かい続けている。ストイックでプロフェッショナルな姿勢を貫いているが、プライベートではチャーミングで誠実な面があり、長年のファンも多い。

Share This Post On
468 ad