(42): デンマークの巻
10月31

(42): デンマークの巻

  アイスランドでは出国審査が無く、デンマークのコペンハーゲン空港では海を渡って来たと云うのに入国審査も無く、従ってフリーパスで空港ビルから直結している列車でコペンハーゲン市内へと向かいました。 パスポートに「入国」と云うスタンプも押して貰えず只々呆気にとられました。 列車は幾つかの種類に別れ「私語禁止」と書かれた表示がドアに有るのは、乗客の誰一人として喋っている人はいなくて静寂ムード。反対に「子供連れ専用」と表示された列車には子連れの人達が乳母車を押して大挙して乗り込んで来て喧噪な事。勿論「お喋りして良い」列車も在ります。 自動販売機で乗車券は買ったものの駅に改札口が全く無く、又途中で車掌が廻って来ることも無く、目的地に着いて下車したが改札口は無く、駅員を探したが見当たらず、正面入り口に向かって歩いたら自動ドアが開いて外に出た。 何じゃコレ。...

Read More
(4): 近所での一番のお気に入り High Branch @ Concord
10月31

(4): 近所での一番のお気に入り High Branch @ Concord

  ビールも色々なブルワリーで飲んでいると、色々な違いがわかってきてだんだん面白くなってきます。 自分の場合は味や香りを楽しむのは勿論、店の雰囲気も大事。 廃墟が好きな僕としては、古いレンガ造りの工場跡地内にあるブルワリーなんていうのは最高の条件。 飲むビールはその時の気分で異なるけれど、基本Stout(スタウト)が大好きで、必ず飲みます。 アメリカ南部に多い、バニラ、コーヒー、ピーナッツバターといった甘い風味のスタウトは大好きで、家の冷蔵庫に常備してあるビールは、ほぼその手のスタウトです。 今日のビールは、近所では自分の中では一番のお気に入り、Concordにある High Branchにて軽く1杯。     High Branchは 大きなCabarrus Brewer と同じ敷地内にありますが、店の大きさは数百分の一の小ささ。 Cabarrus Breweryと向かい合わせの、レンガ造りの工場内の一角にあります。...

Read More
(41): アイスランドの巻
10月24

(41): アイスランドの巻

  やっと乗り込んだアイスランド行きの国際線。私達が乗った飛行機は「格安」ならぬ「激安」を売り物とする航空会社であった為国際線とは云え食事はおろかおつまみのピーナツ一粒さえ無く、4、50年前の日本の旅館では所謂一泊二食付きの宿泊では無く「素泊まり」と云う食事無しの寝るだけと云うクラスが有った事を思い出し、これは「素泊まり」ならぬ「素乗り」フライトだと思いました。 やっと着いたアイスランドのレイキヤベック空港は入国審査も手荷物検査も無くフリーパスで市内へ。 流石火山の国と言われるだけあって間欠泉や温泉が至る所に在り、あちこちで湯煙が上がり何だか湯治場へ来た感じ。羊の飼育が盛んで国民の数より羊の数の方が多く、私達が一般に云う羊とは違って大きさは子牛ほども有り巻いたツノを持ち、丸々と太り、長い毛が棒状になって地面近くまで垂れ下がっています。...

Read More
(40): スカンジナビア旅行記 2017年秋
10月24

(40): スカンジナビア旅行記 2017年秋

出発を1週間後に控えたある日天気予報だけを放送しているテレビ局の画面に見入っていた連れ合いはしきりと「まずいな」と言いながら動物園の熊の様に部屋中をウロウロ周り始めた。 ハリケーン・イルマが進路をフロリダへ向け刻々と近付いており、しかもハリケーンの分類中最大級のカテゴリー5に属し甚大な被害をもたらす事を警告し、既にフロリダ全域630万人に避難命令が出ていると報道している。 何事も悲観的に考える連れ合いと、能天気の見本の様な私とでは同じテレビの報道を聞いても解釈がまるで違っていて、彼はハリケーンの影響で飛行機が飛ばないと云う状態になる前に何とかグリーンビルを脱出して安全な都市からアイスランド行きの飛行機に乗り込む算段をしており予約している航空会社に電話してフライトの変更などをやり始めた。...

Read More
(3): チャペルヒルのWHOLE FOODS MARKET
10月16

(3): チャペルヒルのWHOLE FOODS MARKET

  ここのバーカウンターには以前に何度か座り生ビールを飲んだ事があり、一度座ったバーカウンターは座り易く、リピーターになる事が多い。 バーカウンターとは言え、ここは チャペルヒルのWHOLE FOODS MARKET。 最近はスーパーマーケット内にビールやワインが飲めるバーカウンターが設置されている事が多いが、ここのWHOLE FOODSは他と比べても規模も大きく、色々なものが食べれる気がする。 この日はビールと一緒につまみたいチキン、ソーセージやビーフ・ブリスケットなど、自分がちょっと食べたいものだけを少しづつバッフェから取り、バーカウンターでビールと一緒に楽しむ。 スーパーマーケット内にあるバーカウンターとはいえ、気の合う仲間と平気で2時間、3時間と滞在してしまう。 最近のこの手のサービスを持つスーパーマーケットでは、お客さんは皆ビール、ワインを片手に買い物している姿もあり、素晴らしいアメリカン・スーパーマーケット事情です。 チャペルヒルのWHOLE...

Read More