2017年トライアングル地区新年会 (3): 協力
2月13

2017年トライアングル地区新年会 (3): 協力

  委員それぞれの本業が多忙な中、数々のミーティングを経て、新年会の全体像が固まってきました。 「なつかしい日本のお正月の伝統を体験してみませんか?」 小さなお子様も参加可能とし、家族連れの皆様も一緒に新年を祝い、楽しめる会にしたい、という委員全員の願いがそこに込められています。 ああしよう、こうしよう、こうしたらいいんじゃないか、と皆で色々な提案を出し合いました。 秋には会場との契約も成立し、トライアングル日系企業商工会(TJBA)や、新年会開催に賛同して下さる多くの日系企業から続々とご寄付や協賛品が集まり始めました。 同じ頃、チャペルヒル・ダーラム日本人会の役員の方々も、司会を含めた当日のボランティア参加を快諾して下さいました。 日本クラブからは、トライアングル太鼓クラブ、餅つきクラブ、茶の湯クラブのご協力が得られることになりました。 たくさんの企業、たくさんの方々のご協力により、新年会の実現に向けてまた一歩近づきました。...

Read More
2017年トライアングル地区新年会 (2): 始動
2月11

2017年トライアングル地区新年会 (2): 始動

  過去10年間にわたって当地の新年会を主催されてきた日本クラブ岩島会長より、 「来年からは主催としての新年会運営を退きたいと思いますが、続けて下さる有志の方々がいらっしゃれば支援します」 という内容のお話があったのが昨年の夏でした。 そしてそれがきっかけで、トライアングル日系企業商工会の井上会長を中心とした新年会準備/実行委員会が発足しました。 しかし、これまで何度も参加者50名程の内輪イベントを開催してきた経験があるメンバーとはいえ、内外から様々な方が200名近くもいらっしゃる新年会となると、勝手が違ってきます。 まずは最も重要なポイント、会場を押さえなければいけませんよね。 その為、始めに会場との交渉と予約、続いて、お客様に提供する仕出し料理をお願いする日本料理レストラン数軒への打診、音楽演奏者の方々や音楽愛好会への出演依頼、ボランティアの募集、などなど、かなり苦労しながら骨組みを作っていきました。...

Read More
2017年トライアングル地区新年会 (1): 序章
2月08

2017年トライアングル地区新年会 (1): 序章

  去る1月21日(土)、今年もデューク・ガーデンにて恒例のトライアングル地区新年会が開かれました。 昨年までの日本クラブ主導、4団体共催(日本クラブ、トライアングル日系企業商工会、ローリー日本語補習学校、チャペルヒル・ダーラム日本人会)の旧・新年会とは内容と趣旨が少々変わり、昨年8月に立ち上がった「新年会実行委員会」という組織が、日本クラブ岩島会長を総合アドバイザーとしてお迎えし、企画と運営を行いました。 半年間、委員6名を中心に何度もミーティングを重ね、暗中模索、手探り状態で進めてきたこのプロジェクト、回を分けて少しずつご紹介したいと思います。 お暇な方は是非お付き合いくださいませ!...

Read More
(34): フォー@グリーンズボロ
2月06

(34): フォー@グリーンズボロ

今日はたまたまお昼時にグリーンズボロを通過しまして… お腹も空いてきたし、久しぶりにフォーを食べよっかなー( ´∀`)ということで、I-40をおりて地元の超有名ベトナム料理レストラン”Pho Hien Vuong”へ。 グリーンズボロにくるとついつい来てしまう、このお店。 「ファ・ヒン・ヴン」と読みます。     ベトナム系住人が特に多いグリーンズボロでもこのお店の人気は揺るぎなく、平日のランチタイムでも大繁盛しておりました。 客層は老夫婦、子連れママ、ビジネスマン、学生、若いカップル、子育てを終えた風の主婦友達、と様々。 さて富士子ちゃんは…定番の生春巻きと、今日はビーフ・フォーを注文することに。     写真だと分かりづらいかな。 ここの生春巻きは超巨大です。ライスペーパー2枚の重ね使い!     来た来たー^^ たっぷりのパクチー、バジル、もやし、レモンに青唐辛子はお好みで。...

Read More
(34):トランプ
2月06

(34):トランプ

  2017年1月21日順風満帆のスタートとは言い難い中でアメリカの第45代大統領にドナルド・トランプ氏が就任しました。 何故彼が選挙戦で勝利したのか、それは彼が放つ言葉は米国民の一部を代表する本音だからです。  誰もメキシコ人の不法滞米者はもうこれ以上欲しくはないと思っている筈ですし、難民に混じってテロリスト達がアメリカ本土に上陸する恐怖は誰しも抱いている事です。 でもそれを公の場所で堂々と訴えれば槍玉に上がり自分の政治生命が絶たれる為口を噤み今まで誰一人としてそれらの問題を提起しませんでした。 しかしそれを正面切って言い放ったトランプ氏の発言は長い間抑圧され不満が限度に来ていた人たちにとっては彼は「ヒーロー」で、アメリカをもう一度豊かにしてくれるであろう救世主の様に思えたのでしょう。 彼の発言はまるで爆弾を抱えている様なもので、今流に言えば「空気が読めない」人なのです。 ...

Read More