(3): 実は、私、整理収納アドバイザーです
1月01

(3): 実は、私、整理収納アドバイザーです

本職は家庭を切り盛りするハウスワイフ、いわゆる「専業主婦」。主婦っていう響きは、どこか閉鎖的で、誰でも出来る単純な仕事という風な感覚も否めませんけれど、NCチャペルヒル出身のエミリー・マッチャー氏の著書「ハウスワイフ2.0」の中でも、ていねいな暮らしをする重要性と主婦業の奥深さが綴られていましたよね! 【いまの時代に専業主婦になるには、企業社会を捨てて人間らしく生きるためのムーブメントであり、新しい生き方なのだ】とマッチャー氏。いつの時代も、ある一定期間を経て、ハヤリスタリはやってくるんだわ、などと斜めの見方をしつつ… 一方で主婦業こそ一人で何役もこなさなければならないハードワークであることも確かなのです。企業に属さない分、家族が許してくれさえすれば、いくらだって手を抜けちゃうという利点もありますけれど、裏を返せば、それは“終わりなき仕事”を意味することでもあり、相当段取りよく動いていかなければならない業種なのです。...

Read More
(25): 映画 Bridge of Spies を観て
1月01

(25): 映画 Bridge of Spies を観て

この映画は1960年代にアメリカとソ連の冷戦時代に実際に起こった話をスピルバーグ監督が撮った映画で、当時東西に分断されたドイツで起こった米国とソ連側双方の捕虜交換のニュースは世界中に駆け回り、その頃中学生だった私は日本に居てこのニュースを聞きとても強い感動を覚えました。 主演のトム・ハンクスが弁護士ジェームズ・ドノヴァン役を演じています。このドノヴァンと云う人物は所謂毛並みのいい由緒正しき家柄の出で、父親は外科医、母親はピアノスト、実兄はニューヨーク州の上院議員で両親はアイルランド系アメリカ人で、ハーバードロースクールを出て保険関係を専門とする辣腕弁護士として順風満帆の暮らしをしていたのですが、ソ連の手先となりアメリカの核情報を探るスパイ活動をしていたロシア系アメリカ人フィッシャーの国選弁護人となった事で彼の人生は大きく回転して行きます。...

Read More